安易に転職を選ぶ人と思われない退職理由を

子供の頃は、嘘はいけない、正直が一番と教えられます。

しかし、大人になると正直が必ずしも良いとは限らない、という現実が分かってきます。特別可愛いと思わなくても、子供連れの親には可愛い子だと言ってあげるのが思いやりです。可愛くないなどと言って良いことは何もありません。転職の面接で聞かれる退職理由にも同じことが言えます。

給料が安くてワンマン社長でピリピリした雰囲気の悪い会社だったから辞めました、などと言って、面接官が同情してくれるはずがありません。会社に不満がある従業員は、やる気のある従業員にまで悪影響を及ぼしますので、会社は最も嫌います。どんな仕事にも不満の1つや2つあるはずですので、我慢も大事だと思っています。

前の会社の悪口を言ってはいけない、というのはこのような理由からです。正直に言えないとなると、言い方を工夫しなければなりません。取って付けたような理由を述べるのではなく、本当のことを織り混ぜてポジティブに聞こえるようにするのがコツです。

ワンマン社長が嫌と言うよりも、もっと従業員が自由に発言できて伸び伸びと仕事ができる環境で働きたいと思ったと言う方がずっと印象が良くなります。転職者にとって、退職理由はあまり聞かれたくないことですが、面接をする側もそれほど興味があるわけではありません。

どのように工夫して言えるかを試している部分もあります。肝心なのは、安易に転職をするタイプだと思われないことです。前の会社で改善に向けて努力したことを伝えるようにしましょう。

リクルートエージェントについてならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です