転職で重要になるのは学歴や資格なのか

意外にも多くの人が、転職でも学歴や資格が重要になると考えています。

たしかに、20代前半くらいの若い人ならまだ学歴や資格が影響するかもしれません。また、同じ大卒という学歴でも難関と言われている大学を出ている人はポイントが高いでしょう。20代後半くらいになってくると、学歴や資格はほとんど意味がなくなります。

意味がある学歴や資格といえば、難関大学を出ているとか、仕事に関係している資格で難易度が高いものを持っている人くらいになります。半年程度の勉強で取れるような資格では、会社にとってはわずかに新人育成の期間を減らせるというくらいの意味合いしかありません。

転職で最も重要になるのは、実務経験です。社会人としてそれまでどんな仕事をしてきて、どんなことを学んできたのか、どのような成功体験をしてきたのかといったことが重要になります。同じ職場で働いていても、リーダーをやって人をまとめてきたような人は評価が高くなります。正社員への転職なら、それまで正社員をしてきた人が有利になります。

未経験者歓迎の求人でもそれは同じです。フリーターとして単純作業をこなしてきた人と、正社員で重要な仕事を任されてきた人ではどちらが会社から欲しがられるのかはわかりきっています。もちろん、採用担当によって評価ポイントは変わってくるので、一概には言えません。

中には正社員になれない若者を救おうという理由で未経験者歓迎の求人を出しているケースもあり、そのような場合はやる気や熱意が重要になるかもしれません。

リクルートエージェントについてならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です