転職の理由と目的をハッキリさせる

転職活動は、企業に応募しなければ何も進みません。

求人情報を眺めているだけでは就職などできるはずがありませんし、履歴書を何枚書いてもそれはただの準備にすぎません。行動あるのみ、という行動派は、気になる会社に片っ端から応募することでしょう。確かに転職活動で行動を起こすことはとても大事です。

悩み過ぎるとかえって何も決まらないのも事実です。しかし、ただ闇雲に応募すれば良い、というわけではありません。今後の人生を大きく左右する局面ですから、念入りに準備をしてから臨むのが良いでしょう。準備とは、履歴書を書くことではありません。その前の心構えです。

心構えは目に見えないことですから、そんなことに時間を費やすのはバカバカしいと思う人もいるかもしれません。具体的に目に見える形で進んでいるほうが、気持ちも落ち着くでしょう。しかし、心構えが中途半端では、結局のところ時間がかかってしまいます。

応募先を選ぶにしても、迷ってばかりでしょう。まずは転職をする理由、目的をハッキリさせましょう。そうすれば、自ずと方向性が見えてくるはずです。面接で転職理由を聞かれたら、ステップアップを目指して、などと尤もらしい回答をしなければなりません。

しかし、実際のところはそんな前向きな理由ばかりではないはずです。何か不満があって辞めるわけですから、次の職場ではその不満が解消されなければなりません。それこそが目的であり、前向きな言葉に言い換えることもできるでしょう。

リクルートエージェントについてならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です